敏感肌にも安心して選べる化粧品

  • 敏感肌に合った基礎化粧品の選び方

    • 敏感肌とは、外部からの刺激を過剰に感じて痒みや痛みを感じてしまう肌のことです。原因はアレルギーやアトピー性皮膚炎など体質による場合もありますが、多くのケースでは、精神的ストレスや生活習慣、肌質に合っていないスキンケアです。
      後天的な原因で肌トラブルが起きている場合は、生活習慣の見直しやスキンケアを改めることで肌を回復させます。


      また、回復した後も再発しないように心がけることも重要です。

      おすすめの敏感肌スキンケアの情報もあります。

      一度、敏感肌になってしまうと、健康な肌を取り戻すのに時間が必要となりますので、根気よくケアを続けていきましょう。敏感肌とは皮膚のバリア機能が低下した状態で、肌の水分保持成分が減少していることが原因です。



      特に、肌の角質層にある水分量が少なくなると、症状が悪化します。

      基礎化粧品の選び方としては、セラミドを多く配合された基礎化粧品をおすすめします。



      肌の角質層に保持されている水分のうち、約50%はセラミドなどの角質細胞間脂質なので、まずは足りない成分を基礎化粧品で補ってあげましょう。


      また、肌のバリア機能が低下していると、肌の弾力やハリにも関わるコラーゲンやヒアルロン酸の減少にも繋がるため、これらも成分が配合された製品も適しています。

      さっぱりとした化粧水よりも、こってりとした質感の化粧品が効果が高いので、敏感肌の程度や乾燥しやすい部位によって使い分けましょう。
      重度の敏感肌の場合、ワセリンなど肌への刺激が少ない化粧品のみを塗る方が肌への負担が少なくて済みます。